寝てる間もトレーダー/メタトレーダーでFX

    ZuluTradeとCASHBACKFOREX
     
     
    トレードレポート
    プロフィール

    shinsaku

    Author:shinsaku
    ご意見ご批判などございましたら直接メールください。できる限り改善したいと思います。

    私を登録 by BlogPeople
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Cash Generator RDB ver1.0 

    つい先日からCash Generator RDB ver1.0のテストをはじめました。
    Cash Generator RDB ver1.0
    ※alpariデモ口座です。
    右カラム”注目のEA”の
    検証 : Cash Generator RDB から
    いつもでご覧になれるようにしております。

    しばらくテストしてからライブ稼働させてみようかと思います。
    購入検討中の方、すでに購入なさった方は参考になさってください。
    まだ購入なさっていない方はよろしければ
    こちらのリンクからお買い上げいただければ幸いです。
    Prospec VZR
    Cash Generator RDB ver1.0
    M16A4 AK74M


    スポンサーサイト

    CASHBACKFOREXで口座開設したら 

    CASHBACKFOREXで口座開設して
    その後お困りの方がいらっしゃるかもしれません

    FXPROやALPARI、FXCMはすべて日本語サポートがありますので
    「IBをCASHBACKFOREXに変更完了ですか?」
    と問い合わせてください。

    完了確認が出来たら
    CASHBACKFOREX support@cashbackforex.com
    に連絡してください。

    please check my alpari account 01234(アカウントナンバー)

    という文面で十分です。

    忘れずに!

    1台のパソコンに同ブローカーMT4を複数インストール 

    デモ口座でリアルタイムテストするEAが増えてきたりすると
    同じブローカーのMT4を同じパソコンに2つ以上インストール
    する必要性が出てきますよね?

    そういうときは2つめのMT4をインストールするときに
    インストールフォルダ名と
    image001.jpg

    プログラムグループ名を
    image002.jpg

    すでにインストールしたものと変えて
    インストールすればOKです。

    試してみてください。

    今回の記事が役に立ったという方は
    応援クリックお願いします。m(_ _)m

    FXDDでCASHBACKFOREX ? 

    CASHBACKFOREXのサイトにはFXDDも名を連ねています。
    わたしも最初は出来ると思ってFXDDのサポートに問い合わせたのですが、

    ”結論から言いますとCASH BACK FOREXなどIBを通じての口座はFXDD日本からのお客様はご利用できません。
    我社は日本にオフィスがなく日本の金融庁の関係もあり日本からはFXDD直接のお客さんのみ対応していますのでご理解お願いします。”

    という回答が来ました。

    基本的にはIBへ支払う報酬が変わるわけではないので
    CASHBACKFOREXを利用したからと言って
    FXDDにとってコストUPという話ではないのですが、
    FXDDは日本の顧客に対してはIBシステムは適用しない、
    という方針ですのでしょうがないですね。

    IBへ支払う報酬がいらなかったところ、
    CASHBACKFOREXへIB登録するとFXDDにとってコストUPになります。
    IBへはもともと顧客増のために報酬を払うのに、
    FXDDの既存顧客をCASHBACKFOREXへIB登録すると
    IBの目的を果たさないIBに報酬を支払うことになります。

    alpariのような対応が特別と考えた方がよいでしょうね。
    FXDD社のMTXtremeは1ラウンドターンで15ドルの手数料なのですが、
    日本の顧客に対しては10ドルとサービスしてくれていますので、
    それでヨシとしましょうね。


    ZuluTrade - Autotrade the Forex Market like never before!


    今回の記事が役に立ったという方は
    応援クリックお願いします。m(_ _)m

    CASHBACKFOREXでスプレッドは広がるのか? 

    昨日の記事のコメントで
    CASHBACKFOREXを利用するとスプレッドは広がるらしい
    というお話がありましたが、

    CASHBACKFOREXによると

    Q3. Do my spreads increase if I open a forex account with you?
    Answer: Never! Your spreads will be EXACTLY the same as those offered on the broker's website, and will be the same as those you would pay if you had opened the account on the broker's website. The only difference is that, by opening your account through us, you will receive cashback!

    とのことです。
    「そんなことはありません。スプレッドは変わりません。」
    と言うことみたいです。
    ほんとにそんなことがあったらCASHBACKしてもらう意味がなくなってきますね。
    ちょっと気をつけてみようかな、、、、



    FxProでCHASHBACKFOREX 

    FxProでCASHBACKFOREXを利用するには

    1.一度もトレードしていないアカウントを作成する
    すでに口座を持っている方は追加口座でも可能

    2.作成した口座のIBをCASHBACKFOREXにしたい、とサポートにメールしてください。
    サポートから送られてくる書類1枚に必要事項を記入して
    サポートにメール添付で送信してください。
    アカウント作成時にパスポートを提出した人は他に書類はいりませんが
    そうではない人は印鑑証明書が必要です。
    くわしくはサポートにお問い合わせください。

    3.IBの変更手続きが出来たらCASHBACKFOREXにログインして
    連絡用フォームから報告しください。
    CASHBACKFOREXが確認後、再度ログインして
    FxProが登録されたことを確認してからトレードを開始してください。

    MTXtremeに期待 

    ネタが思いつかないので、、、
    先日のFXDDのcrazy8ボーナスをきっかけにMTXtremeでライブ稼働をはじめました。
    まだ2週間足らずですがまずまずです。
    ME_Forex04を中心に稼働させています。
    MTXtremeライブ口座
    やっぱりスプが狭いっていいですねぇ。^^

    もし希望者が多ければ有償にて希望者に
    InvesterPassword(read only password)を公開したいとおもいます。
    MT4track(月額3980円)などのアカウントコピーツールでトレードをコピーできます。

    まぁ思いつきで書いているのでどうなるかわかりませんけど、、、、^^;


    ME_Forex02&03をZulutradeにてシグナル配信中です。

    ZuluTrade - Autotrade the Forex Market like never before!

    海外口座の税務 

    このテーマについては
    あまりWEBに書きたくなかったのですが
    ニーズについては高いと思いますので
    今回思い切って書いてみようと思います。

    FXDDやalpariなど海外のブローカーで口座開設すると
    税金はどうなるのか、というのは当然の疑問です。

    そんなの儲かってから心配すればいいじゃん
    という方もいらっしゃるかもしれませんが
    だれしも儲けるつもりで海外口座を開設するのですから
    口座開設時に心配になるのは当然ですよね。

    国内ブローカーならブローカーが親切な対応をしてくれたりしますが
    海外ブローカーだとブローカーがいろんな国の税務を把握するのも大変ですから
    我々ユーザーが自分でいろいろ調べるほかないようです。


    以下の記述については当方は一切責任を負いません
    また、質問も一切受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


    噂では、日本国内に資金を戻すまで申告はしなくても良い
    という情報が流れたりもしていますが実際はそうではありません。

    私が昔タックスアンサー(日本の税務署)に問い合わせたところ、
    海外口座でのFXの所得について
    「1回1回のトレードについて日本円に換算して1年間の損益を積み上げてください」
    との回答を過去に得ました。

    この点について
    「ドル建て口座での履歴をすべてその時点のドル円レートで円に換算して積み上げるというのは、年間何百、何千のトレードをする人にとっては非現実的ではないですか?」
    と質問しましたが、窓口の方は「原則は1回ごとに円に換算して積み上げてください」
    という答えを返して来るのみでした。

    なお、FXDDなら米国、alpariなら英国に納税する必要はないと思います。

    繰り返しになりますが、以上の記述については当方は一切責任を負いません。
    また、質問も一切受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


    こういう情報については
    かならず税務署か税理士にご相談ください。
    WEBでの情報を鵜呑みにしては大ケガしますよ!

    今回の記事が役に立ったという方は
    応援クリックお願いいたします。
    右カラムのリンクサイトのバナーもクリックおねがいします。
    あつかましくてすみません^^;

    ME_Forex02 8/23までの通貨ペア別成績 

    しばらくさぼってまして済みません。
    02EURUSD090823.jpg
    02GBPUSD090823.jpg


    ここのところEURUSDとUSDJPYが好調で、GBPUSDがぱっとしません。
    3つのEAとして分散効果がある、ということは言えるのではないでしょうか?
    地味ですが、全体としては堅牢なポートフォリオだと考えています。

    Zulutradeのシグナルプロバイダ 今週までの結果 

    Zulutradeのシグナルプロバイダとしてシグナル配信しています。
    日本時間金曜朝のトレードを終えての結果です。

    zulutrade090821

    左上カラムのME_FOREX02と03の5つの通貨ペア、5つのEAによるポートフォリオとなっています。
    右カラム最上部にトレードアカウントのレポートを掲載しています。
    それぞれのEAが0.1ロットで200ドル前後の最大ドローダウンとなっていますが
    全体としてのドローダウンが0.1ロットで500ドルを超える可能性は極めて低いと考えています。

    地味ですが、一定のSLを遵守してリスクがハッキリしたシグナルプロバイダを探しておられた方、興味のある方はどうぞご利用くださいませ。m(_ _)m

    ZuluTrade - Autotrade the Forex Market like never before!

    バックテストの限界について 

    ときどき初心者の方から
    「GAINキャピタルでバックテストしたいがうまくできない」
    とご質問が来ることがあります。
    良い機会ですのでバックテストについての私なりの考えを記事にしたいと思います。

    バックテストにとってヒストリカルデーターは一番大事な要素です。
    metaquots社の提供するヒストリカルデーターを使用する場合、
    MT4はEURUSDとEURUSDFXFを異なる通貨ペアとして認識します。
    そのため、ヒストリカルデーターをダウンロードできません。

    日頃、通貨ペア名にサフィックス(FXFなど)のつかないブローカーにてバックテストしてください。
    とお願いしておりますが、これが理由です。

    ここからは一般論になりますが、

    初心者の方でよくあるのが
    「自動売買だからどのブローカーでEAを稼働させても結果は同じになる」
    とお考えになれらることがあります。
    わたしも最初はそうでした。^^;
    でも、すこしMT4を使い始めると、そうではないことに気づきます。
    (理由は割愛します)

    この点が理解できると、その次はどのブローカーが一番相性がよいか、
    ということが気になってきますが、それをバックテストで比較検証しようとする方が時々いらっしゃいます。

    こういう考えをなさる方はバックテストについてまだよく理解していらっしゃらないです。
    初心者の方には無理はありませんが。
    私もそうでしたし、、、^^;

    繰り返しますが、バックテストにとってヒストリカルデーターは一番大事な要素です。

    ブローカーによるパフォーマンスの違いといった非常にセンシティブな相違はバックテストでは再現できないとお考えください。
    これを比較検証するには最低限、デモ口座でのリアルタイムテストが必要です。

    MT4では通常、ヒストリカルデーターは1分足で記録されています。
    データとしては日時と4本値そして出来高のみのデーターが1分ごとに記録されています。
    ※スプレッドは記録されていません。
    それ以下のティックデーターは(私の知る限り)バックテスト時にMT4内部で擬似的に都度作成されます。
    一度、Visualmodeでバックテストしてみると良いでしょう。

    一方、ブローカー別のパフォーマンスの違いは、レートの変動の微妙な差異やスプレッドの相違が主要な原因ですが、そのような微妙な差異はヒストリカルデーターの精度では再現するのが困難です。

    バックテストでどうしても再現しようとするなら、最低限、MT4上でチャートを開きっぱなしにしておいて1分足データーを蓄積しておくしかありませんが、それでもスプレッドの変動やティックデータまでは再現できません。ほかにも約定力(サーバーの能力など)など原因はいろいろあります。
    でも、こうやってデーターを蓄積するくらいならリアルタイムテストした方が数段良いですよね?

    このように、バックテストには決して小さくはない限界があるのです。

    どのブローカーでバックテストしても(スプレッドを除く)微妙な違いが再現できないとなれば、
    バックテストする際にはFXDDのように通貨ペア名にサフィックスがつかなくて、かつスプレッド固定のブローカーのデモ口座で1年以上の期間でバックテストすれば十分、ということになります。
    (初心者でなければこの限りではありません。いろいろ試してみても良いかもしれませんが、私自身あまり意味があるとは思えません。)
    そして、バックテストレポートの右上の”Modelling quality”がほぼ”90%”になるようでなければそのバックテストは信頼できないと考えてください。
    言い方を変えれば、どんなにやっても90%が限界だ、ということです。

    バックテストの長所は、長期間のトレード結果・パフォーマンスが一瞬にして概観できると言うところにあります。
    「このシステムにはエッヂ(統計的優位性)が存在するのか、そしてどのくらいのドローダウンを想定すべきか」
    というところをおおまかに把握するために使用するのにとどめるべきです。

    今回の記事が参考になったという方は
    応援クリックおねがいします。
    右カラムのリンクサイトの方もおねがいします。(あつかましくてすみません^^;)

    ZuluTrade 

    ここをクリック
    ↑こちらからZuluTradeのライブ口座を開設していただいた方に
    私からの特別オファーとして
    アカウントの取引履歴をcsv形式ファイルに書き出すEA
    スプレッドの最大値、最小値、平均値を1時間ごとにcsv形式ファイルに書き出すEA
    をプレゼントします。
    さらにシグナルプロバイダについての情報提供もいたします。
    くわしくはライブ口座開設して1ヶ月くらいトレードしてから、
    アカウントナンバーを添えてブログのメールフォームからお問い合わせください。
    参考 ライブ口座開設の流れ


    ちなみにZuluTradeのシグナルでは
    低リスクシステムと思っていても思いのほか大きなドローダウンを受けることがあります。
    それはシグナルプロバイダのほとんどは裁量によるものだからです。
    パフォーマンスがよいからといって安易にポートフォリオに加えると予想外の大けがをします。

    そこで、手前味噌で何ですが、
    私もシグナルプロバイダとして登録しておりますので
    低リスクシステムとしてポートフォリオに加えてやってください。m(_ _)m
    くわしくは右カラムの最上部のStatementと
    左カラム上部のME_Forex02と03のバックテストを
    をご覧ください。

    alpariが変動スプレッド制に移行 2 

    alpariが今日から変動スプレッド制に移行しました。
    デモ口座ですが、
    EURGBPのアジアンタイムの平均スプが2.5~3.3くらいで
    最大スプが8.4まで広がっていました。
    もっと様子を見てみないとわかりませんが
    すくなくとも最大を5pipsくらいに抑えて欲しいものですね。

    既存のalpari口座でCASHBACKFOREX 

    既存のalpari口座でCASHBACKを受ける方法
     

    こちらからCASHBACKFOREXのアカウントを作成
    alpariアカウントのポジションをすべて閉じておきます

    ibservices@alpari.co.uk
    support@cashbackforex.com
    これら2つのアドレス宛に
    "Please make Project Triumph, LLC my referring broker for account number (あなたのアカウントナンバー)".
    という文面でメール送信、その際には申請書を添付してください。(記載要領

    CASHBACKFOREXからのキャッシュの受取方法を設定してください
    ※PAYPALアカウントを作成してPAYPALで使用するメールアドレスを設定するのがカンタンです。

    海外ブローカー間の資金移動 

    海外口座というとドル円レートの変動による為替差損や
    送金手数料の負担から敬遠する方も多いと思いますが、

    私の場合はいったん海外ブローカーに資金を預けたら
    もうよほどのことがない限り日本国内には戻さないつもりでいます。
    でも、新規口座開設や解約で資金の出し入れは必要になってきます。

    そういうとき、私の場合は
    海外ブローカー間での資金移動”FundsTransfer”を利用しています。
    これまでは
     FXCMからalpariUK
     Forex.comからFXDD
     AlpariUKからFXDD
    と日本国内に戻さずに資金移動させました。
    NFA同士の場合や、NFAブローカーとalpariの場合はOKみたいです。
    ただ、FXPROはそういうことは出来ないようです。
    正確なところは各ブローカーのサポートに確認してくださいね。

    資金移動の手数料はだいたい25ドル(銀行が徴収)くらいかかりますが、
    depositボーナスキャンペーンにあわせて移動させれば
    手数料を取られても資金は増えますよね?

    あと、注意すべきは
    送り手の口座と受け手の口座のcurrencyをドルで統一しておいた方が良い
    ということです。
    そうでないと、時間がかかったり手数料をたくさん取られたりするようです。

    私はこのたびのFXDDの8%ボーナスでこの方法を使って670ドルくらいゲットしました。
    自慢するほどでもないか、、、(笑)

    追記
    2009.08.20 MIGのサポートより"We accept fund transfer from any broker"との回答を得ました。

    今回の記事が役に立ったという方は
    応援クリックよろしくお願いいたします。

    Zulutradeのシグナルプロバイダ 

    密かにZulutradeのシグナルプロバイダとしてシグナル配信しています。
    zlulutradeの成績
    興味のある方はどうぞご利用くださいませ。m(_ _)m

    Zulutradeのライブ口座開設方法 

    専用パソコンもVPSもいらない、EAを買う必要もない
    月額料金もいらない自動売買サービスの利用方法を紹介します。

    1.こちらからZulutradeにアクセスしてください。
    ここをクリック

    2.Zulutradeのトップページから"OpenFreeAccount"をクリック
    zuluaccountopen0.jpg

    3.左側のライブ口座をクリックして選択します。
    zuluaccountopen3.jpg
     デモ口座の開設はこちら

    4.左上の”Metatrader4”にチェックを入れてブローカーを選択します。
    すでにライブ口座をお持ちのブローカーもしくはこれから開設する予定のブローカーのロゴをクリックしてください。
    zuluaccountopen1.jpg

    5.新規口座を作るか、既存口座を利用するか選択します。
    zuluaccountopen9.jpg
    たとえばFXDDの既存口座を使う場合は
    「FXDirectDealerにすでに口座をお持ちですか?」でYESを選択して、
    ユーザーネームの欄にアカウントナンバーを入力して、
    右側の”continue”をクリックしてください。
    すると個人情報入力ページが開きます。(以下次項6を参照)
    ※既存口座の場合はZulutradeに対応していないこともありますので
    念のため各ブローカーのサポートにメールで「Zulutradeで使いたい」旨を問い合わせてください。

    6.たとえばFXDDに新規口座を開設する場合は、
    「FXDDにすでに口座をお持ちですか?」
    にNOを選択すると個人情報入力ページが開きます。
    zuluaccountopen8.jpg
    メールアドレス、フルネーム(ローマ字)、電話番号を入力して、
    (フルネームには3つ入力する欄がありますが、真ん中はミドルネームですのでほとんどの日本人は入力不要です)
    お住まいの国を選択し、(ほとんどの方はJapanです)
    画像認証で見える文字を入力して、(画像認証の文字は毎回変わります)
    ”契約書を受諾する”のチェックボックスにチェックを入れて
    ”ライブ口座の開設”をクリックしてください。

    ※各ブローカーの口座開設についてはそれぞれのサポートを受けてください。
    念のため「Zulutradeで使いたい」旨を伝えてください。
    FXDDやalpari、Forex.comなどでは日本語サポートを受けられます。
    とくにFXDDでは日本人が対応してくれます。

    追記
    ここをクリック
    こちらからZuluTradeの口座開設していただいた方に特別オファーをご用意しております。よろしくお願いいたします。

    zulutradeのデモ口座開設方法 

    専用パソコンもVPSもいらない、EAを買う必要もない
    月額料金もいらない自動売買サービスの利用方法を紹介します。

    1.こちらからZulutradeにアクセスしてください。
    ここをクリック

    2.Zulutradeのトップページから"OpenFreeAccount"をクリック
    zuluaccountopen0.jpg

    3.デモ口座かライブ口座かを選択します。とりあえずデモ口座で遊んでみることにします。
    zuluaccountopen3.jpg

    4.名前や電話番号、メールアドレスなどを入力します。
    zuluaccountopen5.jpg

    5.さきほど入力したメールアドレス宛に
    「ZuluTrade - あなたの新しいデモ口座」
    というタイトルで有効化リンクと有効化コードが送られてきます。
    有効化リンクをコピーしてブラウザのURL入力欄にペーストするか、画面の有効化コード入力欄に送られてきた有効化コードをペーストして”口座の有効化”をクリックしてください。
    zuluaccountopen6.jpg

    6.「ZuluTrade - 口座の有効化は完了しました」
    というメールが届きますので、そちらに記載されたURLからアクセスしてログインしてください。
    デモ口座は期限が30日となっています。
    デモ口座の場合はブローカーに口座開設する必要はありません。

    alpariがスプレッド変動制に移行 

    alpariがスプレッド変動制に移行します。
    http://www.alpari.co.uk/en/cnews/show/id/209/

    デモ口座が先行して適用されています。

    どんどんスプレッド固定ブローカーが無くなっていきますね。
    ZuluTrade
    管理するとき以外はパソコンを切ってもOK! 好きなトレーダーのポジションを無料でコピーしてあなたのオリジナルポートフォリオを!!
    無料EA公開中
    このブログ内のブログランキングバナーをクリックしてから、水色の拍手バナーをクリックすると、MT4でのトレードに便利なEAツールを無料でダウンロードできます。ランキングアップにご協力ください。
    無料EAの紹介
    テラス/シストレポータルサイト
    CASHBACKFOREX
    alpariやFxProなどで口座開設するときはこちらのサービスでCashback!!
    応援クリックおねがいします
    検索フォーム
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム
    FC2カウンター
    免責
    このブログの記事を参考になさる場合は、鵜呑みにせずに自己責任においてご利用ください。私自身は間違った情報を投稿しないように注意を払っておりますが、記事を投稿した時点では正しい情報も、時間が経てば間違った情報になることがあります。また、ちょっと前提条件が異なると結果が全く変わってくる情報もあります。 投資およびビジネスは自己責任が絶対原則です。投資やビジネスで利益を得ようとする方は、ネットで得られる無料の情報を鵜呑みにせずに、自分でネット以外の確かな情報源で調べるか、もしくは有償で専門家に相談して投資・ビジネスをなさってください。 言うまでもありませんが、このブログの記事を参考になさって損害を被られても当方は一切の責任を負いません。
    フリーエリア

    PING送信プラス by SEO対策

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。